ノーザンクロス

Category

Archive

Loading

さっぽろチャレンジオフィス(SCO)

さっぽろチャレンジオフィス(SCO)は、街なかを活動拠点にした様々な業種の人々が入居する「共同利用型オフィス」です。
札幌商工会議所 札幌TMOが中心となって推進する「中心市街地活性化事業」において、都心部のビル空室の有効利用とにぎわいの創出を推進するためのパイロット事業として、2006年、株式会社ノーザンクロスがオフィス空間や設備等を整備し、2012年3月末日の事業終了時まで運営しました。ビル空室のリノベーション事業のビジネスモデル構築を行うとともに、個人事業主、起業家、SOHO、NPO等の事業や活動の支援を行い、都心部で活動する人材や組織の交流・連携の活性化を促すオフィスづくりを実践。6年間の事業期間中、約51会員様にご利用いただきました。

共用のラウンジスペース
ミーティングスペース(右)/ロゴと個室ブース(左)

さっぽろチャレンジオフィス(SCO)は、札幌商工会議所 札幌TMOが中心となって推進する「中心市街地活性化事業」の中で、都心部のビル空室の有効利用とにぎわいの創出を推進するために実施したパイロット事業として、2006年、株式会社ノーザンクロスが札幌中心部(北1条西5丁目)にあるビルの空室をリノベーションしてオフィス空間や設備等を整備、2012年3月まで運営をおこないました。個人事業主、起業家、SOHO、NPO等の事業や活動の支援の場としてオフィス運営を担いつつ、都心部で活動する人材や組織の交流・連携を促し、ビル空室のリノベーション事業のビジネスモデルを構築しました。

さっぽろチャレンジオフィス(SCO)は、ビル空室のリノベーション事業であるとともに、さまざまな業種・職種の方々が入居する「共同利用型オフィス」としての特徴を持ちます。私たちは、「共同利用型オフィス」としてさまざまな起業家の空間ニーズに応えられるように、個室ブースではS・MS・M・Lの4サイズを用意したほか、デスクのみ所有するオープンデスクタイプや、共有スペースを利用できるフリーアドレスデスクを設けました。オフィスには、平日9:00~17:00は当社所属のフロントスタッフが常駐し、オフィス宛の電話の取り次ぎや、来客時の案内を行いました。

ラウンジスペースは、同時にいくつかの打合せができる空間を設け、時には会員同士の交流の場としても活用されました。

ユニークなオフィスデザインが評価され、2010年度日経ニューオフィス賞では、「北海道ニューオフィス推進賞」「北海道経済産業局長賞」を受賞いたしました。[2010年度日経ニューオフィス賞サイト]

PROJECT NOTE

さっぽろチャレンジオフィス(SCO)

  • 期間:2006年10月~2012年3月
  • 場所:北海道札幌市中央区北1条西5丁目北1条ビル5階(ビルは閉鎖し、現在は運営していません)
  • 実施主体:札幌商工会議所 札幌TMO(事業の企画・調整、会員の募集、起業相談・支援)/株式会社藤井ビル(事業スペースの提供、運営協力・支援)/株式会社ノーザンクロス(さっぽろチャレンジオフィスの開設、運営管理、広報活動)
  • 設計株式会社p.b.V
  • 施工:株式会社アスリック

サイト